最近の住まいはこうなっている

<?php bloginfo('name'); ?>

最近の住宅は環境に配慮した構造

住まいの最前線の一つに、最近の住宅は環境に配慮した構造になっている所が増えてきている事です。

電気のみを主なエネルギー源として利用するオール電化住宅は最近注目を集めています。

太陽光発電がもっと手軽に利用出来て身近なものになれば、100パーセント自家発電で自分の家で消費する電力を賄う事が出来る様になる日も近い事は間違い有りません。

一戸建てはマンションなどの集合住宅に比べるとそれぞれが独立して建っている為に、どうしても冷房や暖房のエネルギー効率が悪くなります。

住宅の断熱と気密性の向上はこれからの快適な家造りの課題の一つです。

住み心地の良い家は、快適な空気環境をもたらすだけでは無く、結露などが少ないので、建物全体の材質の耐久性を大幅に高めてくれます。

又、一戸一戸の断熱性能が高ければ、国全体で必要とする冷暖房エネルギーを大幅に削減出来る事が出来るので、断熱性の向上は住宅を長持ちさせて省エネにも貢献します。