最近の住まいはこうなっている

<?php bloginfo('name'); ?>

エコ設計に重点をおいた省エネ住宅

住まいの最前線と言いますと、省エネ住宅があげられます。

今までのように住宅を建て続けていくと、産業廃棄物が山のように出ます。

しかし、長く住める家を建てる事によって、建て替えを抑え住み続ける事が出来ます。

また、住宅の断熱、気密性向上は快適な空気環境を整えるだけでなく、冷暖房エネルギーの大幅削減が期待出来ます。

この事によって、地球環境対策が出来、CO2の排出を極力抑える、場合によってはゼロにする動きがけがあります。

太陽光発電システムも、生活エネルギーは発電所から電気を買わなくても、自宅の発電でまかなえるようにするシステムです。

最近では、日照や通風を予め考慮した設計を行う事で冷暖房に頼らない住宅が出来ます。

庭に植木を多く植え、夏は直射日光を遮り、冬は日射を部屋に取りこむといった、自然でまかなえる事は工夫して使用します。

昔よりも、よりエコ設計に重点をおいて住宅設計されています。

何十年と先を見据える事が、住まいに係る事全部大事になっていきます。