最近の住まいはこうなっている

<?php bloginfo('name'); ?>

エネルギー自立型住宅とは

大地震などの災害によってもたらされる大きな被害の中でも特にライフラインの断絶は人々の生活に深刻な影響を与えてきました。

計画停電や企業の大規模な節電などこれまでに無い経験をしたことを踏まえ、今「エネルギーの自給自足を目指す住まい」が急増中です。

その代表的なものが太陽光発電を取り入れた住宅です。

太陽光蓄電池とあわせての導入で、悪天候や夜間の電力不足を補うこともできますから、いわば「小さな発電所」を備えた住宅であり、これによって電力会社などから購入する電力を大幅に削減することが出来るということで脚光を浴びています。

こうした動きを見据えた住宅メーカー側もこのところ蓄電池を装備した住宅の開発に力を注ぎ始めています。

中でもエネルギー自立型の最前線ともいうべき住宅は太陽電池で発電した電気をどう使うかを2種類のモードで切り替えられるようになっており、余剰電力を貯めて住宅用に使うことも出来るし、また全てを売電することも可能になりますから、ユーザーはその時点の経済状況に合わせても使い分けることが出来るのです。

エコロジーや経済事情の面からも今後大いに求められる住宅であるといえるでしょう。