最近のマイルームを探る

<?php bloginfo('name'); ?>

自己破産をしても何もかも失うと言うわけではないのです

自己破産は借金を返済することが出来なくなった人の最後の手段です。借金を帳消しにするかわりに資産の所有が制限されてしまいます。クレジットカードを作ることはできなくなります。つまり生活をしていく場合に大きなペナルティーを持ってしまうのです。

社会的信用の低下と言えます。自分自身でお金を管理する能力がないとみなされてしまうからです。しかし自己破産をしたからといって何もかもを諦めなければならないと言うわけではありません。確かに一定以上の価値がある財産を所有することは出来ません。しかし、ある程度の基準までは所有することが許可されています。冷蔵庫やテレビなどの家財道具を所有することも出来ます。

ですから、自己破産をした瞬間に何も出来なくなってしまうことは無いのです。

ですから自己破産をしたら人生はおしまいだと考えてしまい、行動をしないよりも自己破産をすることで一度精算をして新たな人生を踏み出す事が建設的な方法であると言えます。

何かには「借金を踏み倒すなんて!と思う方もいるようです。
参考:自己破産

 

自己破産にまつわる偏見の数々を解いてくれるサイトです。

自己破産とは

みなさんもこれまでに自己破産という言葉を聞いた事があるかと思います。

ですが、多くの人は自己破産がどういうものかという事を正しく理解していないです。

 

なぜなら、多くの人は自己破産というとそれまでどんなに借金を背負っても自己破産さえすればすべて帳消しになる便利なものだと思っているからです。

 

では、実際に自己破産をすればそんなに簡単に何でも借金が帳消しになるかというと、それではないです。その分かりやすい例を挙げると例えばギャンブル等で多額の借金を背負った場合にはまず自己破産はできないです。

 

なぜなら、自己破産というのはそもそも真面目に暮らしてきた人でどうしても借金で首が回らなくなった時に救済しようというのが本来の目的だからです。

 

ですから、単にギャンブルをやっていて借金を背負った人間まで救わないというのが基本となるのが自己破産です。なので世間で思われているほど簡単に何でも借金を帳消しにできない事は知っておくべきです。




借金と法律には密接な関係を持つことがある

借金は、個人的に行っていることですから、あまり法律とは関係していないような気配もあります。しかし実際には関係していることが多く、貸金業法などのような法律が用意されています。この法律に違反することは、罰を受けることになりますので、基本的には守らなければなりません。貸す側も受け取る側も、しっかりと守られている範囲内で利用することが大事であり、法律に違反してお金を借りることは許されていないことです。

また借金については、法律によって減額することが可能となっています。法的な手続きを行うことによって、借金をある程度減らすことができたり、全て消すことも可能になっています。借りている側に認められている権利の1つとなっていますので、借金をしていてどうしても返せないときは、相談をして権利を行使することができます。しかし認められるかどうかは、裁判所などが判断することになりますので、場合によっては法的な方法で減額することができないこともあります。

本当に借りている金額が多くなり、借金を返済できないときは、法律の専門家への相談を行うといいです。相談をすることによって、減額するための法律が用意されていること、貸金業法に違反している借り入れをしていることなどがわかってきます。借金と法律は密接に関係を持っているものがあり、法律の内容に違反することは絶対に駄目なことです。もし違反している場合、自己責任となる場合があり、減額が認められないなどの問題が生まれます。



リサイクル業者を賢く使う

引越しを機に古くなった家電を処分したい、新しい家電に買い換えたい。
そう思ってみても、引越しは引越し業者に支払う代金だけでも結構なものです。
そのために、電機屋さんに足を運んでも、処分するのも新品を買うのも躊躇してしまいがち。
だったら、リサイクルショップを利用してはいかがでしょう。
特に引越しが集中するシーズンは、リサイクルショップでも商品の入れ替わりが激しく、品数も豊富になっていることが多いので、欲しかったあの家電が激安で手に入った、なんていう嬉しいことも。
また、古くなった家電も条件によっては最低値で買い取ってくれたり無料で引き取りしてくれるショップもあるので、いらない家電の引き取りを問い合わせてみるのもよいですよ。


住まいの最新設備を知っておこう

今と昔では住宅に関する考え方も、作りも全然違います。昔は風通しがいい純日本風の住宅が流行っていた時期もありましたが、今では高気密・高断熱が当たり前です。

それに加えて耐震住宅や外張り断熱等の、色んな作りの住宅が増えています。

住まいのキッチン等の配置も、導線重視になっていますし、近年はエコ住宅、スマートハウスが最新・最前線になります。

電気料金も序々に上がり、家計を圧迫することが予想されます。

その為太陽光発電パネルを標準装備した住宅もありますし、エネルギー効率がいい住宅がかなり増えています。

こういう最新の住宅は、今までの住宅に比べて多少割高かもしれませんが、その分電気料金が安く、蓄電池を付ければ、停電時でも電気を使えるとういうメリットもあります。

これからの住宅は、快適さだけでなく、いざという災害の時にも役に立つ設備が整っています。

こういう住まいにおける最新・最前線の設備を確認して、ご自身で住宅を建てる時の参考にして下さい。
買い替えをするなら売却の仕方にもコツがあるのでここを参照すると良いです。

最先端の住宅を手に入れるにも、まずは持っている不動産の資産価値を知る事からです。

家のローンでゆきずまったら一人で悩んでないで専門家に損談するのが一番。
特に自己破産を検討するならこちらのサイトが参考になります。

自己破産ガイド|デメリット&メリットを徹底解説



暮らしに役立つ情報満載の雑誌。レシピもあるので便利

暮らしの手帖